赤坂タイムラー

太郎君のフシダラ発言

公開日
文責
アカサカ ヒカル

連日、生来の失言癖と尋常ならざる国語力の低さという理解し難い手法でマスコミをジャックしつづけている麻生太郎君であるが、とうとうに記者に向かって
あなたも気をつけたほうがいいよ。ふしだらな生活してんだから。
と、のたまい反感を買いまくっている。

思えば、「あーたとは、違うんです」発言を置き土産に去って行った福田康夫前首相のほうが、言葉の面ではまだ品があった。

安藤優子は、
どういう意味で「ふしだら」と言っているのか、私には全くわからない…
というようなコメントをしていたが、
おそらくは、なんとなく文脈から、太郎君は「不摂生」と言いたかったのではないかと、推測する。
いずれにせよ、皮肉交じりではあろうし、病院を利用する高齢者に対する侮蔑ととられかねない自身の発言に対する釈明の直後だっただけに、失言には変わりないのだが、実のところは失言症に加え母国語語彙の欠乏症のさらなる露呈という二重の失態だと思われる。

一体全体、なんであんな馬鹿を自民党員どもは選んでしまったのでしょう。
オバカブームにでも乗ったつもりか?
本気で我が国を滅ぼそうとしているとしか思えない。
選挙に勝てる顔と踏んでのことだろうが、あれじゃ勝てっこないでしょう。
民主党なんかに負けて欲しくはないが、とっととあの馬鹿を総理総裁から引きずり下ろさないかぎり無理なんじゃないか。

あそこまで馬鹿だとは知らなかった国民が大半と思うが、党員も知らなかったのだろうか。
それにしたって身近にいる代議士連中は知ってたんじゃないのか。
そもそも失言っぷりは周知だったのだから。
今こそ自民党員各位の良識が問われているというものだ。